準備、音源の配線などについて、音楽制作の流れとともに解説しています。

音楽制作の流れ

音楽制作の手順に従って概要を説明しています。

目次(1)

はじめに
準備、音源の配線など
DAWソフトの設定
作曲・アレンジ、打ち込み
ドラムループ
レコーディング

目次(2)

ミキシング
MIDIデータ
オーディオデータ
マスタリング
CDへ焼く&mp3
DTM・DAW作曲講座 >> 音楽制作の流れ >> 準備、音源の配線など

準備、音源の配線など

■「準備」

では、さっそく解説していきたいと思います。DAWソフトのインストールなどは済ませてあるとします(^^;

まず音源などの接続をします。これらの接続は一度接続してしまえば、毎回曲を作る度に接続が必要なわけではもちろんありません。

ですが、今回は簡単に説明しておきます。


■「音源の接続」

ハード音源を使う場合には接続が必要です。

音源にもよりますが、基本的にはMIDIケーブルなどで接続しますが、 USBで直にパソコンに接続できる音源もあります

音楽機材を安く買うならサウンドハウス


例1:「USBで直接パソコンと繋げる音源」

パソコン → USBケーブル → 音源


例2:「一般的な音源」

パソコン → MIDIインターフェイス → MIDIケーブル → 音源




■「スピーカーの接続」

スピーカーの接続に関しては、環境によっても接続の仕方が変わってくる のですが、シンプルなシステムの場合の例を挙げておきます。


例1:ハード音源一台で制作する場合


(外部入力がついているコンポなどでも構いません。AUXINなどと書いてあるのがそうです)


例2:ソフトシンセのみで制作する場合

オーディオインターフェイスのアウトプット → オーディオケーブル → スピーカーのインプット


のようになります。DAWソフトや音源などのマニュアルにも接続方法 については書いていますので、すでにこれらの機材を持っている方は ご覧になってみてください。

自分の音楽サイトで稼ぐ方法

ちなみに、オーディオケーブルというのは、繋がれば何でも構いません(^^)
実際にはケーブルにも良し悪しがあって音質にも影響してくるのですが、 かなり耳が肥えていないと分かりません。


ですのではじめはホームセンターなどで売っているようなもので全然問題ないと思います。

作曲・DTMに使えるピアノ素材集。 ピアニストが制作したピアノのMIDIフレーズ集! 自分の楽曲に、質の高いピアノ伴奏を取り入れることができます。 こちらで視聴も可能です。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | DTM作曲コンテスト | 作曲家のためのサイト指南書