作曲・アレンジ、打ち込みについて、音楽制作の流れとともに解説しています。

音楽制作の流れ

音楽制作の手順に従って概要を説明しています。

目次(1)

はじめに
準備、音源の配線など
DAWソフトの設定
作曲・アレンジ、打ち込み
ドラムループ
レコーディング

目次(2)

ミキシング
MIDIデータ
オーディオデータ
マスタリング
CDへ焼く&mp3
DTM・DAW作曲講座 >> 音楽制作の流れ >> 作曲・アレンジ、打ち込み

作曲・アレンジ、打ち込み

■「作曲・アレンジ、打ち込み」

さて、実際のメインの制作工程です。

それぞれの詳細は当サイト内の、作曲講座、打ち込み講座を参考にしてください。

ここでは大まかな流れだけを解説しています。

ここでは、打ち込みを主体とした音楽制作を想定しています。

前回のような設定が完了したら、あとはもうひたすら打ち込んだりしていくだけです(^^)

人によっても違うと思いますが、この段階になると作曲やアレンジと打ち込みは すべて並行して行われる場合が多いと思います。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス


○「一つの例」

私の場合ですと、MIDIキーボードで演奏しながらメロディーとコード進行を 考えます。

良さそうなのができると、そのまますぐにDAWソフトのMIDIトラックにリア ルタイム入力をします。

入力されたデータをクオンタイズ(リズムがずれた音を揃える)をかけたり して、エディットしてメロディーとコード進行のトラックを作ります。

メロディーとコード進行が決まったら、アレンジを考えて、それを打ち込ん でいきます。

自分の音楽サイトで稼ぐ方法

○「アイデアを形に・・」

あとは、もうアイデアを形にしていくだけです。

曲にストリングスが欲しければ、MIDIトラックでストリングスが鳴るように 音源を設定して打ち込んで、また別の楽器が必要なら別のトラックに同じよ うに設定して打ち込んでいきます。

基本的には、ドラムやベースなどのリズムトラックから作っていくという人 が多いように思いますが、このあたりは別に決まりというものはないので、 自分が進めたい順序で進めていけばよいと思います。

あと、直接は音楽制作とは関係ないですが、

「保存はこまめにしましょう!」

これは大切です(^^)

作曲・DTMに使えるピアノ素材集。 ピアニストが制作したピアノのMIDIフレーズ集! 自分の楽曲に、質の高いピアノ伴奏を取り入れることができます。 こちらで視聴も可能です。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | DTM作曲コンテスト | 作曲家のためのサイト指南書