オーディオデータについて、音楽制作の流れとともに解説しています。

音楽制作の流れ

音楽制作の手順に従って概要を説明しています。

目次(1)

はじめに
準備、音源の配線など
DAWソフトの設定
作曲・アレンジ、打ち込み
ドラムループ
レコーディング

目次(2)

ミキシング
MIDIデータ
オーディオデータ
マスタリング
CDへ焼く&mp3
DTM・DAW作曲講座 >> 音楽制作の流れ >> オーディオデータ

オーディオデータ

オーディオデータとして公開する

では、今度はオーディオデータとして公開する場合を考えます。

ネット上でmp3ogg形式で公開する場合もそうですし、CDに焼く場合にもwav形式というオーディオデータの形式で完成させなければなりません。

この場合、外部音源を使っているのなら必ずレコーディング(録音)という作業が必要となります。

というのも、ソフトシンセのパートはDAWソフト側で簡単にオーディオデータに書き出せるようになっているからです。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

ですから、外部音源を使っている場合には録音が必要となってきます。

このように、ソフトシンセは簡単にオーディオデータに出力ができる点でも 初心者の方におすすめできるのではないかと思っています。



●「今回想定する制作方法」

今回はMIDI音源一台でバランス調整やエフェクトなども完結させて、ステレ オでまとめて録音するという方法について解説します。

パートごとに分けて録音する方法(パラ出し、パラアウトなどと言ったりし ます)もありますが、中・上級者向けの内容になりますので、また機会があっ たら解説したいと思います。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス


●「外部音源からの録音」

さて、話は戻りまして、録音方法についてです。「レコーディング」の項で 解説した、ボーカルなどの録音と大差はありません。

音源の出力 → オーディオインターフェイス → パソコン

という接続になります。ボーカルやギターの録音と違うのは、「ステレオ」 で録音するということです。

音楽機材を安く買うならサウンドハウス

ボーカルやギターは基本的に「モノラル」で録音します。

ステレオで録音するにあたっては、DAWソフト側で設定する必要があります。

とは言っても私が使っているCubaseでは、トラック情報が表示されていると ころで、モノラルとステレオを切り替えるボタンをポチっと押すだけです。
非常に簡単ですね。

ダイジェストも終盤になってきました。次は「マスタリング」についてです。

作曲・DTMに使えるピアノ素材集。 ピアニストが制作したピアノのMIDIフレーズ集! 自分の楽曲に、質の高いピアノ伴奏を取り入れることができます。 こちらで視聴も可能です。

リンク集

DTM・DAW作曲講座 | DTM作曲コンテスト | 作曲家のためのサイト指南書